神奈川県平塚市で屋根工事・雨樋工事・外装リフォームならJ-TOP(ジェイトップ)

J-TOP株式会社

0120-75-6760
営業時間
9:00-20:00
日曜・祝日 定休
調査・見積り無料 お問い合わせはこちら
 0120-75-6760
お問い合わせ

事業案内

屋根工事

屋根工事とは

日々、風雨や寒暖にさらされている“屋根”。
屋根は雨風や日光・糞害による影響で、外壁以上に老朽化が進みやすい場所です。
お住まいを長く使い続けたいなら、屋根工事は欠かせません。
しかし、その高さから普段目にする機会がなく、現在、屋根がどのような状態になっているかを把握するのは困難です。
屋根の耐久年数は、屋根材やお住まいの立地環境によっても変わりますが、一番短いスレート屋根ならば新築施工よりノーメンテナンスにて15~20年。
寿命を超えると屋根材自体が劣化してくるため、新しい屋根へ葺き替える工事が必要となってきます。

屋根カバー工法

現在の屋根をそのまま残し、その上に新しい屋根を載せて覆うのが屋根カバー工法です。
屋根が傷んできたり雨漏りしてしまったという時に、葺き替えよりも簡単にお住まいを保護することが可能です。
古い屋根材を解体する必要がないため、工期も短く、費用も安く済むのがその特徴となります。
他にも、既存の屋根の上に新しい屋根を設置した分屋根の厚みが増し、遮音性と断熱性が向上するメリットが得られます。
一方で、既存の屋根を残すことによる、不陸や総重量の増加といったデメリットもあります。
また、下地が余りに傷んでいたり、和瓦や洋瓦のような凹凸のある屋根材にはカバー工法を採用することはできません。
メリット・デメリット両面を持つカバー工法ですが、アスベストを含んだスレート屋根で建てられた築年数の経っているお住まいなら、メリットの恩恵を最大限に受けることができますのでおすすめです。

屋根葺き替え工事

既存の屋根を解体・撤去し、新しい屋根に交換する工事です。天井や壁に濡れたようなシミができていれば、屋根の葺き替え工事をおすすめします。
構造上の問題や劣化状態の問題によりカバー工法で対処できない場合や、耐震対策として重い瓦屋根から軽い金属屋根などに交換したい場合に行います。
普段の補修では確認できない、防水紙や野地板といった下地部分の傷みまで確認・補修できることのほか、新しい屋根材にスレートや金属屋根のような軽い屋根材を選ぶことで、屋根全体の耐久性が高まります。

1
2020.10.20 Tuesday